ここから本文です

マーケティングオートメーションツール「SATORI」でWebプッシュ通知が利用可能に

ITmedia マーケティング 7月28日(木)22時49分配信

 マーケティングオートメーションツール「SATORI」を提供するSATORIとWebプッシュ通知ツール「pushcrew(プッシュクルー)」を国内で展開するアッションは2016年7月26日、SATORIとpushcrewの連係サービスを開始。これにより、SATORI内で取得したユーザー行動セグメント別にプッシュ通知が配信可能となった。

 これまでSATORI導入企業は、 エンドユーザーの行動セグメント別にメール配信やWeb広告、チャット接客、ポップアップによるコミュニケーションが可能だったが、 新たにプッシュ通知が加わることで、エンドユーザーにより確実にメッセージを届けることが可能になる。

 pushcrewは、従来のネイティブアプリ経由のプッシュ通知とは違い、ブラウザ経由でプッシュ通知を送ることができるため、サービス提供者とエンドユーザー双方において負荷なく導入が可能。 バックグラウンドでブラウザが起動さえしていれば、自社サイトに訪れていないタイミング、あるいはデスクトップでの他作業中でもエンドユーザーへプッシュ通知を表示させることが可能になるため、情報到達率を大幅に改善できるという。

 SATORIによれば、同機能の導入企業実績(配信母数:1000以上)では、既に特定の行動セグメントへのメール配信の誘導率(4.74%)と比べてプッシュ通知は2.7倍の誘導率(13.20%)を実現しているという。

最終更新:7月28日(木)22時49分

ITmedia マーケティング

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。