ここから本文です

新生ターザン&イケメンすぎるゴリラがコラボ US版ポスターに特別出演

オリコン 7月28日(木)6時26分配信

 映画『ターザン:REBORN』(30日公開)と“イケメンすぎるゴリラ”として話題になったシャバーニのコラボが決定し、US版ポスターヴィジュアルに特別出演することが26日、わかった。ジャングルを駆け抜けるターザンを取り囲むゴリラの1頭として合成で参加している。

 アクション映画の原点『ターザン』が、『ハリー・ポッター』シリーズのデヴィッド・イェーツ監督とスタッフたちにより、新しいアクション・エンターテイメント大作として生まれ変わった同作。ジャングル育ちの英国貴族ターザンが、愛する妻と故郷のために過酷な試練に立ち向かう。

 愛知・東山動植物園にいるニシローランドゴリラのシャバーニは、テレビやネットでイケメンぶりが話題になり、昨年は写真集も発売。その人気は日本国内に収まらず、AFP通信、英BBC、米CNN、英紙デイリーメールでもそのイケメンさと人気ぶりが報じられた。

 本作で主演を務めたアレクサンダー・スカルスガルドが演じるのは、“英国貴族のイケメンすぎる新たなターザン”。その背景には、ターザンは産まれて間もなく国の反乱に巻き込まれ、ジャングルでゴリラに育てられたという壮絶な人生があった。森の賢者とも呼ばれるゴリラとともに成長したターザンは、ジャングルでは心強い相棒同士だ。

 シャバーニがハリウッド映画とコラボするのは、今回が初めて。東山動植物園の動物園長も「まさか、シャバーニがハリウッド映画のポスターに起用されるとは…。映画を見たあとは、東山動植物園で本物のシャバーニはもちろん、ゴリラの魅力をもっと知ってほしい」とコメントを寄せている。

最終更新:7月28日(木)6時26分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。