ここから本文です

檀れい、インド映画出演オファーに「踊り練習します」 監督がメロメロ

オリコン 7月28日(木)15時48分配信

 女優の檀れいが28日、東京・インド大使館講堂で行われたインド映画『PK』(10月29日公開)ラージマクール・ヒラニ監督来日ジャパンプレミアに出席した。ヒラニ監督に花束を贈り、初来日を歓迎した。

【写真】檀れいにメロメロだったラージマクール・ヒラニ監督

 同映画は世界でヒットした『きっと、うまくいく』(国内公開2013年)のヒラニ監督による最新作。常識にとらわれない男が「神・宗教とはなにか?」というメッセージを投げかけるヒューマン作品となっている。きのう映画を鑑賞したばかりという檀は「思い出したら涙が出てくる。とても感情が忙しかった」と興奮冷めやらぬ様子で、「エンタメの端っこでお仕事しているが、映画の持つ力のすごさを再認識した」と力説しながら涙を浮かべていた。

 檀の褒め言葉にヒラニ監督は「光栄です」とにっこり。続けて「檀さんは、かける言葉がないくらい美しい女優。インド人と日本人女性が恋に落ちる映画を撮りたい。その時、僕は監督ではなく、相手役として出演します。インド映画に出ないですか?」と公開オファー。檀は驚きながらも「踊りの練習をしておきます」と答えると、ヒラニ監督も「では、ここで約束しましょう」と喜んだ。

 会場には、『きっと、うまくいく』の大ファンという映画監督の山崎貴氏も登壇。山崎氏は「ほんとうに打率の良い監督。素晴らしくて、きょう本人に会えて光栄でうれしい」といい、「きのう(最新作を)会社で観ていて泣いちゃって。宝物のような時間をもらえました」と感謝していた。

最終更新:7月28日(木)20時3分

オリコン