ここから本文です

森川葵のファッション通信(4)ネイビー×オレンジで秋を先取り

オリコン 7月28日(木)17時0分配信

 女優の森川葵が28日放送の読売テレビ・日本テレビ系プラチナイト木曜ドラマ『遺産相続弁護士 柿崎真一』(毎週木曜 後11:59)に出演。劇中では主人公の“遺産相続”専門の弁護士・柿崎真一(三上博史)の相棒で森川演じる丸井華が披露するレトロファッションがみどころの一つとなっており、ORICON STYLEでは毎週その着こなしを取り上げていく。

【第4話】フェミニンなイエローコーディネートも披露

 今回登場する衣装のなかで、森川がお気に入りとしてあげたのは、ネイビーの刺繍入りトップスにオレンジの膝丈スカートで秋を先取りした色合いの組み合わせに、高めのヒールで女の子らしさもプラスしたスタイル。今回の私服ファッションについて、スタイリストを務めるコンテンポラリー・コーポレーションの市原みちよ氏によると、個性的な袖は“トランペットスリープ”という形でよりヴィンテージ感を演出し、ボトムは明る目の色で胸元の刺繍を強調している。

 森川は「トップスの雰囲気が普段の華の印象と違うから好き。イヤリングも含めチャイナっぽくラストリクエスト(弁護士事務所)の赤い壁や横浜の中華街っぽい雰囲気と合っててすごい好き」とお気に入りポイントを紹介。この他にも、爽やかなイエローコーディネートや小花柄ワンピースに黒のジャケットを羽織った大人びたコーディネートなど、森川の様々な魅力を引き出している。

 第4話では柿崎が、リサイクルショップを営む富沢英太郎(泉谷しげる)から「遺言とこのレコードを娘に届けてほしい」との依頼を受ける。富沢は末期の肺がんであった。そして柿崎からの指示で娘の璃菜(篠原ゆき子)に会いにいった華だったが、「あの人のものとは一切かかわりたくない」と言われ…というあらすじ。森川は「柿崎を助けるために色んなトコにいってそこでの華のメガネ姿などなど盛りだくさん」とアピールしている。

最終更新:7月28日(木)17時0分

オリコン