ここから本文です

4年ぶり舞台『BLEACH』開幕 高野洸「夏より熱い一護を」

オリコン 7月28日(木)19時0分配信

 久保帯人氏の人気漫画『BLEACH』を原作としたミュージカル『「ROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~』が28日、AiiA 2.5 Theater Tokyoで開幕した。本番前、キャスト陣による取材会が行われ、黒崎一護役の高野洸、朽木ルキア役の甲斐千尋らが意気込みを語った。

【写真】人気キャラ集結 舞台「BLEACH」ゲネプロの様子 

 『BLEACH』は『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の人気漫画。単行本は現在73巻まで刊行されているが今秋に発売の74巻をもって完結することが決まっている。舞台化は2008年からスタートし、12年までの公演で累計18万人を動員。今回キャストを一新し、4年ぶりに復活。初演公演の「尸魂界(ソウル・ソサエティ)」篇をベースに、新たな楽曲・演出を加えての上演となる。

 主人公の一護を演じる高野は「原作が完結するタイミングで舞台に立てるのが幸せ。真夏より熱い一護を演じる。精一杯頑張ります!」といい、甲斐も「緊張しているが『BLEACH』の世界観を届けたい」と気合十分。藍染惣右介役の馬場良馬も「今、本誌で熱い戦いが繰り広げられていますが負けない公演にしたい。世間は『なんちゃらGO』が席巻していますが、それに負けない“ブリミュ”にしたい!」と鼻息は荒い。

 見どころについて、雛森桃役の美山加恋は「私は藍染隊長との関係を大切にしている。頭ポンポンとされるシーンを観て、後々つらくなってもらえれば」と笑いを交えてアピール。馬場も「前半は雛森を優しく包み込めるように頑張ります」と語った。

 阿散井恋次役の崎山つばさは「一護との戦いを観てほしい。戦ってだんだんと何かが芽生えてくる。そこからの流れを感じてほしい」。市丸ギン役の遊馬晃祐は「関西弁を話す難しいキャラクター。頑張って熱い夏にしたい」、朽木白哉役の猪野広樹は「好きな『BLEACH』、そして好きなキャラを演じられてうれしく思う。歯向かってくる者をことごとく潰したい」と話した。

 取材会には脚本・演出の堤泰之氏も出席。同作は8月7日まで同所で上演され、その後京都公演が8月24日から28日まで行われる。

最終更新:7月28日(木)21時35分

オリコン