ここから本文です

秋元康・小室哲哉・つんく♂・指原莉乃が「代アニ」Pに就任

オリコン 7月28日(木)15時0分配信

 代々木アニメーション学院は28日、秋元康氏、小室哲哉、つんく♂、指原莉乃の4人が同学院のプロデューサーに就任したことを発表した。時代の仕掛け人4人が、アイドルやクリエイター、プロデューサーの人材を発掘し、エンターテインメント業界の活性化を目指す。

“出口作り”に積極投資 日本初のアニメ専門校「代アニ」

 同学院は、エンタメ業界で活躍する声優、クリエイター、アーティストを育成する学校。積極的に“出口”の創出を続け、東京・新宿でライブハウス「代アニLIVEステーション」(収容人数300人)を運営しているほか、2月にはホリプロから「天王州 銀河劇場」を取得し、来年4月1日から「天王州 YOANI劇場(仮)」として運営することを発表。6月からは「実践アイドルコース」を開設し、新しいアイドルユニットをデビューさせることを目指している。

 秋元氏は4月1日付で名誉学院長兼総合プロデューサーに就任していたが、今回のタイミングで秋元氏、小室、つんく♂、指原の4人がそろってプロデューサーに就任。秋元氏は「クリエイター、プロデューサー側で、僕らと一緒にモノをつくっていく人材が見つかるといいなと思ってお引き受けした。お手伝いできるかもしれないし、何かきっかけになってくれれば。僕もワクワクしていますし、ぜひ皆さんもワクワクしてこの学院の門をたたいてほしいと思います」と呼びかける。

 小室は「ソーシャルメディアの時代なので、一夜にして世界を席巻できるかもしれないという夢がある。プランをどんどん出してみる、アイデアをどんどん口にしてみる。そういう場がきっと『代アニ』にはあると思うので、発信してほしい」と激励し、つんく♂は「新しい専門家とたくさん出会い、お互い刺激しあって、時代にあった新しいコンテンツ作りやエンターテイメント業に携わることができたら」と期待を寄せる。

 現役アイドルにしてプロデュース能力に定評があり、劇場支配人、座長、映画監督などを歴任してきた指原は、今度は「代アニ」のプロデューサーを務めることに。「“何か一つでも動き出してみようよ”“自分を変えられるのは自分しかいないんだよ”というのを伝えたい。8年前の自分のように、悩んだり、何か始めたいという人の力に少しでもなれたらと思い、参加させていただくことにしました。私の理想のアイドルを求めています。みんなで一緒に頑張りましょう」と言葉に力を込めた。

 同校では9月から「エンターテイナー[夜]コース」を開講。4人のプロデューサーのプレミアム講義を受講できるほか、関係・協力企業、プロダクションと連動したオーディションを毎週行い、全ての受講者にデビューのチャンスを開く。後日、4人でパネルディスカッションを行う予定。

最終更新:7月28日(木)15時11分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。