ここから本文です

7代目ミスヤンチャン・小澤らいむ、グラビア1年未満でグランプリ「ゲーム好きなオタクです」

デビュー 7月28日(木)21時6分配信

 コミック誌『ヤングチャンピオン』『ヤングチャンピオン烈』『別冊ヤングチャンピオン』が“究極のグラビアアイドルを生み出す”ことをテーマに「ミスヤングチャンピオン」オーディションを開催。その7代目のグランプリ6名がお披露目された。その一人、兵庫県出身の23歳・小澤らいむは、93cm・Hカップバストを武器に、グラビア歴1年未満でグランプリを手にした。

【写真】小澤らいむの写真

 半年前まで、地元関西で会社員をしていたという小澤。多数詰め掛けた取材陣の前にお披露目されても、どこかモジモジしたようす。笑顔を引き出そうと「ピースして!」とカメラマンがリクエストしても、上手く二本の指を立てられず「ピースは苦手です…」と困り顔。そんな独特の雰囲気が、抜群のスタイルとのギャップでかえって新鮮に映った。

 「ここまで来れたのはファンの方のおかげで、ファンの皆さんにすごく感謝しているので、応援してくださったファンの方に何か返せたらいいなって思っています」と挨拶した小澤。「ゲームが好きなオタクな性格なので、ゲーム好きは負けてないと思います」と語る、ちょっと「コミュ障」気味なグラドルの活躍に期待したい。

最終更新:7月28日(木)21時13分

デビュー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。