ここから本文です

スティーヴン・タイラー、全米カントリー・チャート1位

BARKS 7月31日(日)19時58分配信

スティーヴン・タイラーのソロ・デビュー・アルバム『We’re All Somebody From Somewhere』が、全米カントリー・アルバム・チャートで初登場1位に輝いた。

◆『We’re All Somebody From Somewhere』画像

Billboardによると、7月15日にリリースされた『We’re All Somebody From Somewhere』は初週1万8,000ユニットのセールスを上げ、Billboard 200(全米アルバム・チャート)では19位をマークした。iTunesのトップ・カントリー・アルバム・チャートでも、アメリカ、カナダで1位を獲得したという。

スティーヴンは以前、トーク番組『The Ellen DeGeneres』に出演した際、カントリー音楽となったデビュー・アルバムについて「カントリー音楽は新しいロックンロールだ。ポーチや犬、ブーツを蹴り上げているだけじゃない。もっと多くの要素がある。リアルでいるってことだ」と話していた。

スティーヴンは現在、アルバムをプロモートしたソロ・ツアー中。9月中旬まで北米を周ったあと、月末からエアロスミスの南米ツアーをスタートする。

Ako Suzuki

最終更新:7月31日(日)19時58分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。