ここから本文です

残酷な「女のさが」描くおとぎ話を映画化、M・ガローネ監督『五日物語』

CINRA.NET 7月28日(木)17時22分配信

マッテオ・ガローネ監督の映画『五日物語―3つの王国と3人の女』が、11月から東京・TOHOシネマズ六本木ほか全国で公開される。

【もっと大きな画像を見る】

『ゴモラ』『リアリティー』で『カンヌ国際映画祭』グランプリを2度にわたって受賞しているマッテオ・ガローネ監督。『五日物語―3つの王国と3人の女』は、『グリム童話』の原形とされる物語などが多数収められている17世紀の民話集『ペンタメローネ』をもとに、3つの物語を1つのテーマで結びつけて映画化した作品だ。

物語の舞台は、女王が「母になること」を追い求めている王国、老婆が「若さと美貌」を熱望する王国、王女が「大人の世界への憧れ」を抱いている王国という3つの王国が存在する世界。それぞれの欲望がもたらす運命に翻弄される女性たちの「さが」が描かれる。フランシスコ・デ・ゴヤの版画集や古典ホラー映画からインスピレーションを受けたという映像美も見どころのひとつとなる。

CINRA.NET

最終更新:7月28日(木)17時22分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。