ここから本文です

北海道では29日にかけて大雨に 土砂災害に警戒

ウェザーマップ 7月28日(木)7時9分配信

 北海道には湿った空気が流れ込むため、28日夜遅くにかけて大気の状態が不安定となり、あす29日にかけて激しい雨が降り、太平洋側西部や日本海側南部を中心に大雨となるおそれがある。
 28日午前4時までの24時間雨量は、太平洋側西部の多い所で220ミリに達していて、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水、落雷や突風に警戒・注意が必要だ。

 あす29日にかけて、北日本から西日本にかけては引き続き南から湿った空気が流れ込み、日中気温の上がる山沿いを中心に、大気の状態が不安定となる。落雷や突風、短時間強雨に注意が必要だ。27日までの大雨で地盤の緩んでいる北陸地方でも土砂災害に注意が必要だ。

<雨の予想>

29日午前6時までに北海道で予想される1時間雨量は(多いところ)
 太平洋側西部         50ミリ
 日本海側           40ミリ
 太平洋側東部とオホーツク海側 30ミリ

29日午前6時までに北海道で予想される24時間雨量は(多いところ)
 太平洋側西部        250ミリ
 日本海側南部と太平洋側東部 150ミリ
 日本海側北部        120ミリ
 オホーツク海側       80ミリ

 前線を伴った低気圧の動きが遅く、大気の状態が不安定となるため、その後も更に雨量が多くなる予想で、あす29日午前6時から、あさって30日午前6時までの24時間雨量は太平洋側西部と日本海側の多いところで100から150ミリの見込み。

最終更新:7月28日(木)12時6分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。