ここから本文です

錦織 復帰戦は白星、世界131位にストレート勝ちで3回戦進出<男子テニス>

tennis365.net 7月28日(木)1時34分配信

ロジャーズ・カップ

男子テニスツアーのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)は27日、シングルス2回戦が行われ、第3シードの錦織圭(日本)が予選勝者で世界ランク131位のD・ノビコフ(アメリカ)に6-4, 7-5のストレートで勝利して2年連続の3回戦進出を果たし、復帰戦を白星で飾った。

ロジャーズ・カップ対戦表

7月上旬のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では2年ぶり2度目のベスト16進出を果たすも、M・チリッチ(クロアチア)との4回戦で左脇腹の痛みにより錦織は途中棄権していた。

今大会は上位8シードが1回戦免除のため、この日が復帰戦だった。第1セットは4ゲーム連取から、左脇腹に負担がかかるサービスゲームで2度のブレークを許してゲームカウント4-4に追いつかれるも、第9・第10ゲームを連取してセットカウント1-0とリード。

第2セットは第2ゲームでブレークする好スタートを切ったが、ノビコフの強打に押されブレークバックされる。その後は第11ゲームで再びブレークした錦織が主導権を握り、ストレートで勝利を手にした。

3回戦では第13シードのL・プイユ(フランス)とR・ラム(アメリカ)の勝者と対戦する。

上位シード勢が順当に勝ち進んだ場合、準々決勝で第8シードのチリッチ、準決勝で第2シードのS・ワウリンカ(スイス)と第6シードのD・ティエム(オーストリア)のどちらかと対戦する組み合わせ。

昨年のロジャーズ・カップは準々決勝でR・ナダル(スペイン)に初勝利し、ベスト4へ進出。準決勝ではA・マレー(英国)にストレートで敗れた。

これまでのマスターズは2014年のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)と今年のマイアミ・オープン(アメリカ/ マイアミ、ハード、ATP1000)で決勝へ進出するもタイトル獲得を逃している。

今大会は昨年覇者のマレー、R・フェデラー(スイス)、ナダルらが欠場している。

tennis365.net

最終更新:7月28日(木)2時31分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]