ここから本文です

錦織 サービスに課題残す、3回戦は世界118位ラム<男子テニス>

tennis365.net 7月28日(木)2時40分配信

ロジャーズ・カップ

男子テニスツアーのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)は27日、シングルス2回戦が行われ、第3シードの錦織圭(日本)が予選を勝ち抜いた世界ランク131位のD・ノビコフ(アメリカ)を6-4, 7-5のストレートで下して3回戦進出を果たすも、サービスゲームに課題を残した。3回戦では同118位のR・ラム(アメリカ)と対戦する。

ロジャーズ・カップ対戦表

7月上旬のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で2年ぶり2度目のベスト16進出を果たすも、4回戦で左脇腹の痛みにより途中棄権していた錦織。

この日は第1・第2セットで先にブレークする好スタートを切るも、ノビコフに追いつかれる展開に。左脇腹に負担がかかるサービスゲームでは6本のダブルフォルトを犯し、3度のブレークを許したが、1時間22分で振り切った。

3回戦で対戦するラムは、2回戦で第13シードのL・プイユ(フランス)をストレートで破っての勝ち上がり。

上位シード勢が順当に勝ち進んだ場合、準々決勝で第8シードのM・チリッチ(クロアチア)、準決勝で第2シードのS・ワウリンカ(スイス)と第6シードのD・ティエム(オーストリア)のどちらかと対戦する組み合わせとなっている。

昨年のロジャーズ・カップは準々決勝でR・ナダル(スペイン)に初勝利し、ベスト4へ進出。準決勝ではA・マレー(英国)にストレートで敗れた。

今大会は昨年覇者のマレー、R・フェデラー(スイス)、ナダルらが欠場している。

tennis365.net

最終更新:7月28日(木)3時6分

tennis365.net