ここから本文です

北海道は29日にかけて大雨に 土砂災害に厳重な警戒

ウェザーマップ 7月28日(木)17時1分配信

 北海道では29日にかけて、断続的に激しい雨が降り、大雨が続く見通しとなっている。太平洋側西部では降り始めからの雨量が250ミリを超え、土砂災害の危険度が高まっている。北海道胆振総合振興局と室蘭地方気象台は28日午後5時現在、浦河町、様似町、新ひだか町に土砂災害警戒情報を発表し、厳重な警戒を呼びかけている。

 北海道付近には29日にかけて前線が停滞し、日本海側では29日明け方から昼前にかけて非常に激しい雨が降る所がある。29日午後6時までの24時間に予想される雨量は多い所で、日本海側と太平洋側で150ミリ、オホーツク海側で120ミリとなっている。
 この激しい雨は30日も続く見通しで、雨量はさらに増えるおそれがある。

 北海道では26日から雨が降り続き、局地的に7月として記録的な大雨となっている。引き続き29日にかけて土砂災害や低い土地への浸水に警戒するとともに、河川の増水に注意が必要だ。

最終更新:7月28日(木)17時1分

ウェザーマップ