ここから本文です

泥沼化。アンバー・ハード、「ジョニー・デップが離婚を遅らせている」

ELLE ONLINE 7月28日(木)20時26分配信

今週初めにアンバー・ハードの弁護士チームは裁判所に新たな書類を提出。その中でアンバー側は「ジョニー・デップと弁護士が裁判の進行を遅らせている」「ジョニーはアンバーを機会があるたびに中傷している」と主張しているそう。

これは先週ジョニー側が提出した書類に対応するもの。ジョニーは裁判中に彼の財務状況や証人たちの証言などを含む個人情報が、マスコミなど外部に漏れないよう裁判所に求めていたとか。彼は関係者や証人たちに機密保持契約にサインをすること、アンバー側が情報を漏らした場合にはそのたびに10万ドルの罰金を払うことを求めているそう。

アンバー側は機密保持契約へのサインを拒否。「この機密保持契約はアンバーに対して経済的な負担を課すものであり、あからさまな脅し以外のなにものでもない」と手厳しく批判。さらに「自分の財務情報を速やかに公開せずに、裁判の解決を妨害しているのはジョニー側だ」「アンバー側は裁判の進行に完全に協力している。隠すことは何もない」と怒っているそう。

裁判が始まる前からこの泥沼! 8月からの展開が思いやられる……。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:7月28日(木)20時26分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。