ここから本文です

ホンダのCBR250RR、新型が公開される。 バイク野郎は震えて待て!

ギズモード・ジャパン 7月28日(木)20時40分配信

RRが現代によみがえる!

ホンダが1990年に発売を開始したスポーツバイク「CBR250RR」。小排気量ながら2万回転近くまで吹け上がるエンジンやガルアームなど豪華な車体装備で、当時のバイク小僧の憧れの的となったバイクでした。

そして今、そのCBR250RRが新モデルとして生まれ変わろうとします! ホンダ・インドネシアが公開した動画(https://youtu.be/bSLpEoGMKXs)。バイク好きならぜひ見て欲しい!

まごうことなきスポーツバイクのシルエットに、浮かび上がる「250RR」の文字。ああ、とうとうニダボこと250RRが復活するんだな…という実感が湧いてきます。

今回お披露目されたバイクは、ホンダが東京モーターショー 2015で公開したコンセプトモデルとして発表されました。

新型CBR250RRは、8バルブ2気筒の250cc DOHCパラツインエンジンを搭載し、6速のミッション、スロットル・バイ・ワイヤ(TbW)システムを採用。トラスフレーム、アルミのスウィングアーム、USDサスペンションも装備。

今年中に東南アジア諸国で発売開始。日本でも発売が計画されています。そして来年から世界での発売と、今年後半は目が離せません。最近はカワサキのNinja250など小排気量のスポーツバイクが流行りですが、そこにホンダが殴りこみをかけてきそうな様相ですよ!

source: autoevolution
(塚本直樹)

最終更新:7月28日(木)20時40分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]