ここから本文です

もうすぐ鳥人間コンテスト!今年参加の大学生が魅力を教えます 第2回 タイムトライアル部門

sorae.jp 7月28日(木)18時12分配信

今年も日本の空の夏の風物詩、鳥人間コンテストの季節がやってきました。読売テレビが主催するこの大会は、2016年は7月30日と31日に滋賀県彦根市の琵琶湖湖畔で開催され、テレビ番組は8月31日に放送されます。

今年の大会に日本大学チームのメンバーとして参加する角谷杏季さんに、鳥人間コンテストの魅力を解説してもらいました。今回は計3回の解説の2回目です。

わずか2分!その機体の一瞬のかがやきは、見たらきっと虜になる。

タイムトライアル(TT)部門はご存知ですか?
鳥人間コンテストで唯一タイムを競う部門であり、パイロットがペダルをこいでプロペラを回し、エルロンや尾翼をあやつって最速の旋回とフライトを見せます。
テレビ放送では比較的尺が短いのが残念ですが、実は最高にエキサイティングな戦いが繰り広げられているのです。
ルールは簡単。500mの直線コースを折り返し、往復1kmにかかるタイムを競います(上位チームは2分以下)。

滑空機、DST機とは比較にならない。スピードに特化した人力飛行機

他部門との圧倒的な違いは「スピード」です。

その速さは時速30km。これが“速い”と言うのには理由があります。

本番までに鳥人間は必ず試験飛行(Test Flight)という練習、調整のため数百mのフライトを繰り返しますが、機体は自立できないので着陸後の機体を支えるために部員が追いかけて走ります。DST機は時速約20kmであり男子学生ならば頑張って追いつくことができますが、TT機には追いつけません。原付バイクと並走して400mトラックを走るようなものなのです。

この大変さを想像してもらえれば、鳥人間たちが“TT機は速い”という理由を感じて頂けるでしょうか。目前でスピードを体感するのが一番なのですが…

最速の旋回を目指して。TT機だけの特長“エルロン”

そしてもう一つのポイントが「機動性」です。

人力飛行機はラダーをきると高度が落ちてしまいます。そのためパイロットはペダルの回転数を上げて推力を増やさなければならず、体力をとても消費します(この話はディスタンス部門にも通じます)。さらに速く曲がるためには安定を崩す必要があるので操作も難しくなります。

これらの壁を乗り越えるためにTT機にはエルロンという補助翼がついていることが多いです。左右の主翼端の後縁の、長さ2mほどが上下に動いて横の回転運動(ロール)を助長します。これにより効率よく曲がることができるのです。

大きく傾いて旋回する瞬間は思わず息をのむ緊張が走ります。TT機にしか生みだせない瞬間と言えるでしょう。

1/2ページ

最終更新:7月28日(木)18時12分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]