ここから本文です

錦織 3回戦は世界118位ラム、過去1勝1敗<男子テニス>

tennis365.net 7月28日(木)3時6分配信

ロジャーズ・カップ

男子テニスツアーのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)は27日、シングルス2回戦が行われ、第3シードの錦織圭(日本)が予選勝者で世界ランク131位のD・ノビコフ(アメリカ)を6-4, 7-5のストレートで下して2回戦突破を果たした。3回戦では同118位のR・ラム(アメリカ)と対戦する。

ロジャーズカップ対戦表

錦織とラムは今回が3度目の対戦で、過去は1勝1敗。

32歳のラムは、元世界ランク1位のP・サンプラス(アメリカ)に似たフォームからのサーブ・アンド・ボレーを得意としており、これまでツアー2大会で優勝している。世界ランキングでは今年4月に自己最高の56位を記録した。

また、今年2月には東京体育館で行われた第30回テニス日本リーグにも出場していた。

今大会は1回戦でE・ガルビス(ラトビア)、2回戦では第13シードのL・プイユ(フランス)をストレートで破る番狂わせで3回戦進出を決めている。

一方、錦織は7月上旬に途中棄権したウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)以来の復帰戦でストレート勝ちをおさめて3回戦へ駒を進めた。

上位シード勢が順当に勝ち進んだ場合、準々決勝で第8シードのM・チリッチ(クロアチア)、準決勝で第2シードのS・ワウリンカ(スイス)と第6シードのD・ティエム(オーストリア)のどちらかと対戦する組み合わせ。

これまでのマスターズは2014年のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)と今年のマイアミ・オープン(アメリカ/ マイアミ、ハード、ATP1000)で決勝へ進出するもタイトル獲得を逃している。

tennis365.net

最終更新:7月28日(木)3時6分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]