ここから本文です

今年最多の真夏日500か所超 29日も西日本・北陸で猛烈な暑さ

ウェザーマップ 7月28日(木)17時35分配信

 28日は北日本でくもりや雨となったほかは、全国的に晴れて、一段と暑さが厳しくなった。最高気温30℃以上の真夏日は全国507か所(午後5時現在)と今シーズン最も多くなり、全国の半数以上で気温が30℃を超えた。梅雨が明けた関東地方も時折、強い日差しが照りつけ、東京では午後1時半過ぎに31.1℃を記録し、9日ぶりに30℃以上の真夏日となった。

 29日(金)も全国的に気温が高くなる見通しで、西日本や北陸では最高気温が35℃に達するおそれがある。気象庁は北陸地方、九州北部地方(山口県を含む)、沖縄地方に高温注意情報を発表し、厳しい暑さが続くとして熱中症に十分な注意を呼びかけている。

29日(金)の予想最高気温

金沢、福井、鳥取、佐賀    35℃
京都、大阪、高松、福岡    34℃
福島、広島、松山、長崎、那覇 33℃
新潟、熊谷、名古屋、高知   32℃
東京、前橋、長野、宮崎    31℃

最終更新:7月28日(木)17時35分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。