ここから本文です

慶應大MFが名古屋に加入内定「日本を代表する選手になります」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月28日(木)10時0分配信

意気込みを語る

名古屋グランパスは27日、慶應義塾大学のMF宮地元貴が2017年シーズンより加入することを発表した。

宮地は東京ヴェルディユース出身で現在は慶應義塾大学でプレイ。中盤と最終ラインをこなす183cmの選手であり、クラブは同選手を「恵まれた体格を活かした対人プレイの強さや前線への正確なフィードが魅力的なプレイヤー。セットプレイでの得点力も大きな武器の一つ」と説明している。

また宮地もクラブ公式サイトを通じて「名古屋グランパスという歴史ある素晴らしいクラブでプロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせていただくことをこの上なく幸せに思います」とコメント。「先ずは残された大学生活でかけがえのない仲間と共に必ずや自分たちの目標を達成し、プロの世界という幼い頃からの夢に向かって日々邁進して参ります」と話し、「私を支え、応援して下さる全ての方々、そして今は亡き最愛の父への感謝を胸に名古屋グランパスだけではなく、日本を代表する選手になります。名古屋の勝利の為、不退転の決意で闘います。ご声援宜しくお願い致します」と新たなチャレンジへの意気込みを語った。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月28日(木)10時0分

theWORLD(ザ・ワールド)