ここから本文です

【MLB】田中将大、5回7安打4失点で降板 2回から球数かさみ、3点リード許す

Full-Count 7月28日(木)11時5分配信

自身4連勝中、チーム3連勝中も流れをつなぎきれず

 今季8勝目を目指して27日(日本時間28日)に敵地でのアストロズ戦に先発したヤンキース田中将大投手は、5回を投げて7安打4失点で降板。3点ビハインドのまま、後続にマウンドを託した。

田中将大のNPB・MLBでの年度別通算成績

 初回は丁寧な制球で3者凡退としたが、2回から調子を崩した。1死から2連続四球を与え、続くゴメスの中前適時打で1点を先制。続く3回は1死二塁から暴投で走者を進めると、コレイアの左前適時打で2点目を追加される。なおも1死一塁から次打者ラスマスに4球目スプリットを左翼席にたたき込まれる2ラン。序盤に4点のリードを許した。

 マキャンのソロ弾で1点を返した直後の4回、1死からカストロに右翼へ二塁打されたが、後続を抑えて無失点で切り抜けた。なかなか制球が定まらず、球数がかさむ苦しい投球となるが、5回も走者を背負いながら無失点としたが、この回を終えて94球(56ストライク)を投げて降板した。

 田中は6月17日ツインズ戦から自身4連勝中だったが、この日は持ち味の粘りの投球を見せきれなかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月28日(木)11時36分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]