ここから本文です

【MLB】田中将大、5回7安打4失点で降板 2回から球数かさみ、3点リード許す

Full-Count 7/28(木) 11:05配信

自身4連勝中、チーム3連勝中も流れをつなぎきれず

 今季8勝目を目指して27日(日本時間28日)に敵地でのアストロズ戦に先発したヤンキース田中将大投手は、5回を投げて7安打4失点で降板。3点ビハインドのまま、後続にマウンドを託した。

田中将大のNPB・MLBでの年度別通算成績

 初回は丁寧な制球で3者凡退としたが、2回から調子を崩した。1死から2連続四球を与え、続くゴメスの中前適時打で1点を先制。続く3回は1死二塁から暴投で走者を進めると、コレイアの左前適時打で2点目を追加される。なおも1死一塁から次打者ラスマスに4球目スプリットを左翼席にたたき込まれる2ラン。序盤に4点のリードを許した。

 マキャンのソロ弾で1点を返した直後の4回、1死からカストロに右翼へ二塁打されたが、後続を抑えて無失点で切り抜けた。なかなか制球が定まらず、球数がかさむ苦しい投球となるが、5回も走者を背負いながら無失点としたが、この回を終えて94球(56ストライク)を投げて降板した。

 田中は6月17日ツインズ戦から自身4連勝中だったが、この日は持ち味の粘りの投球を見せきれなかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/28(木) 11:36

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]