ここから本文です

6ヵ国でのプレイ経験を持つ25歳ブラジル人FWが群馬に加入「皆さんの期待に応えられるように」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/28(木) 10:40配信

2015年からはリトアニアでプレイ

ザスパクサツ群馬は27日、リトアニアのFKジャルギリスからFWルーカス・ガウショが完全移籍で加入することを発表した。

現在25歳のルーカス・ガウショはこれまでにブラジルのインテルナシオナルやポルトゲーザ、スペインのRCDエスパニョールに所属。2013年には、翌年にDF岩政大樹もプレイしたタイのBECテロ・サーサナFCで活躍している。また、その後もベトナムやオマーンとアジアでプレイし、2015年からはリトアニアのジャルギリスに所属していた。

群馬への加入が決まり、初めてJリーグを戦う同選手はクラブ公式サイトを通じて「ザスパクサツ群馬の勝利のために精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いいたします」とコメント。「サポーターの皆さんの期待に応えられるように頑張ります」と意気込みを語っている。

群馬は25節を終え、最下位と1ポイント差の20位と低迷。様々な国でのプレイ経験を持つルーカス・ガウショはJリーグの舞台でもゴールを量産して、クラブの残留に貢献することができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/28(木) 10:40

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報