ここから本文です

レアル、新布陣[4-4-2]に挑戦 復帰したモラタが先発出場するもPSGに前半だけで3失点

theWORLD(ザ・ワールド) 7/28(木) 10:39配信

PSG、エメリ監督のサッカー浸透

現地時間27日、レアル・マドリードとパリ・サンジェルマンが、アメリカで開催されているインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)で対戦した。BBCが不在のレアル・マドリードは復帰したスペイン代表FWアルバロ・モラタとFWヘセが2トップで並ぶ[4-4-2]の布陣にトライした。

試合は開始早々に動く。2分、中央の密集地帯をドリブルで持ち上がったパリ・サンジェルマンFWイコネがあっさり先制ゴールを決めるとその後35分にも、DFムニエが豪快なミドルシュートをゴールに突き刺して追加点を奪取。40分、DFムニエが連携したパス交換から右サイドを突破して得点を重ね、PSGが3点をリードして試合を優位に進める。守備網が崩壊しリードを許したレアル・マドリードは、前半終了間際DFマルセロがPKから1点を返し、試合を折り返す。

追いかける展開のレアル・マドリードは後半立ち上がり、FWモラタやMFカゼミーロなど8人を入れ替え、ジダン監督はMFマルティン・ウーデゴーやMFマルコ・アセンシオら若手選手をピッチに送り出した。後半はレアル・マドリードがボールを保持する展開となるもPSGの守備網を崩し切ることができず、スコアは動かないまま試合終了のホイッスルを聞いた。

パリ・サンジェルマンは新シーズンから、セビージャを率いてUEFAヨーロッパリーグ3連覇を成し遂げたウナイ・エメリ監督が指揮官となった。プレシーズンからはやくもその効果が現れ、コンパクトな守備陣形と強力なサイド攻撃という特徴を発揮し、レアル・マドリードから勝利を手にしている。

[スターティングメンバー]
レアル・マドリード:カシージャ、ダニーロ、ナチョ、ヴァラン、マルセロ、カゼミーロ、コバチッチ、イスコ、ルーカス・バスケス、ヘセ、モラタ

パリ・サンジェルマン:トラップ、オーリエ、チアゴ・シウバ、キンペンベ、クルザワ、ラビオ、カレガリ、パストーレ、ルーカス、イコネ、カバーニ

[スコア]
レアル・マドリード 1-3 パリ・サンジェルマン

[得点者]
レアル・マドリード:マルセロ(44)
パリ・サンジェルマン:イコネ(2)、ムニエ(35、40)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7/28(木) 10:39

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報