ここから本文です

歌手を志すガボン少年の夢、C・ディオンさんがお手伝い

AFPBB News 7月28日(木)18時8分配信

(c)AFPBB News

【7月28日 AFP】カナダの国民的歌手セリーヌ・ディオン(Celine Dion)さんのヒット曲を歌うある少年の動画が、ディオンさん本人の目に留まり、SNSの数百万人のフォロワーにシェアされ、視聴された──。アフリカ中西部ガボンで歌手を志す少年は、この状況に「胸がいっぱい」と話す。

 少年は、ガボンの首都リーブルビル(Libreville)に暮らす17歳のサミュエルさん。同国の著名ブロガーが、素足で自宅アパートの階段に腰掛け、ディオンさんの大ヒット曲「パワー・オブ・ラブ(The Power of Love)」を情感豊かに歌い上げるサミュエルくんの動画を取り上げたところ、その再生回数は1週間で100万回を超えた。

 そして26日夜、今度はディオンさん本人が自身のフェイスブックにこの動画をアップロードした。すると、再生回数が一気に増え、一晩で230万回近くに達した。

 ディオンさんはフェイスブックを通じて「サミュエル、あなたの才能は、あなたの歌声と同じくらい壮大よ。私の歌がはるばるあなたのところまで届いたことに感動しています。いつか会えたらいいと願っています」「そのまま歌うことを続けてください。音楽が心から湧き出てくるとき、そこに国境はないのです」と言葉をかけた。

 リーブルビルの貧しい家庭に生まれたサミュエルさんは、歌のレッスンを受けたことは一度もない。学費が払えず学校も中退している。

 サミュエルさんは憧れのスターから届いたメッセージに「胸がいっぱい。とても驚いた」とAFP記者に語った。

 そして、「こんなことになるとは想像もしていなかった。ぼくは電話もフェイスブックのアカウントも持っていない。ぼくの動画をセリーヌがシェアしてることを兄が教えてくれたんだ」「いつの日か本物のディオンさんに会ってみたい」と続けた。

 この動画がきっかけで、すでにサミュエルさんにはフランスとコートジボワールの音楽コンテスト番組プロデューサーから接触があったという。(c)AFPBB News

最終更新:7月28日(木)18時8分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。