ここから本文です

2位まで勝ち点17差、6位まで勝ち点8差の千葉 新監督が明かす目標は「まずはプレイオフ進出」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/28(木) 17:01配信

この状況を打破するためには……

ジェフユナイテッド千葉の指揮を執ることが決まった長谷部監督が新たな挑戦への意気込みを語った。

今季、シーズン開幕前にメンバーの大幅な入れ替えを行った千葉だが、25試合を消化して9位に低迷。23日には1人少ない清水エスパルス相手に逆転負けを喫し、クラブは監督交代を決断した。

新たに千葉の監督を務めることが決まった長谷部監督は就任に際し、「まず関塚隆元監督の下で成績を残すということができず、そこで力になれなかった責任を感じています。しかし、状況が変わり、監督代行という形ですが私が職を受けましたので、ここから右上がりのチームとして巻き返していきたいという気持ちです」とコメント。J1昇格プレイオフ進出圏の6位までは8ポイント離されているが、この状況を打破するため、「チームの一体感をさらに高めたい」と話し、「それはゲームの中でもそうですし、ピッチを離れたときもジェフという我々の“グループ”、そういう意識をもっと強く持ってもらいたいなと思っています。それがプレイのいろんなところで出てくると思いますので、つながりを持って、つまり“連動”して、躍進をしていきたいと思っています」と語っている。

また、今季の目標を聞かれた同氏は「まずはプレイオフ進出です。そこから勝ち上がって、J1昇格」と回答。自動昇格となる2位までは17ポイント差があるが、目標は開幕前と変わらず悲願のJ1昇格だと話した。長谷部体制の初戦は31日、敵地で横浜FCと対戦する。2009年以来となるJ1の舞台への復帰を目指す千葉は、新監督の下で勝ち点3を掴むことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/28(木) 17:01

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報