ここから本文です

千葉GMが関塚監督の解任理由&新監督を決めた3ポイントを明かす「このタイミングがギリギリ」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月28日(木)18時30分配信

新監督は長谷部コーチ

ジェフユナイテッド千葉のゼネラルマネージャーを務める高橋悠太氏が監督交代の経緯を明かした。

千葉は2014年シーズン途中から関塚監督を招聘して悲願のJ1昇格を目指すが、同年はJ1昇格プレイオフで敗戦、2015年はクラブワースト記録となる9位でシーズンを終えている。また今季も24試合を消化して9位と低迷。23日に行われた25節では1人少ない相手に逆転負けを喫し、同試合後、関塚監督からトップチームのコーチを務めていた長谷部氏に監督が代わることが発表された。

高橋GMは関塚監督解任の理由について「現状の結果と今年の昇格の可能性をクラブで総合的に判断して監督交代という決断をさせていただきました」と説明。また解任を告げたのは清水戦の後と明かし、「もともと勝点のポイントとチームの状況は強化としてもクラブとしても定期的にチェックをしていて、その中でクラブとして目標を達成するために、このタイミングがギリギリだという判断をさせていただきました。前節が逆転でああいう負け方をしたから突発的にということではなくて、それまでのチームの状況や目標とする勝点の差分というのは定期的に意識をして追っていたので、決断を出したのが清水戦の後だったということです」と話している。

後任は長谷部氏が務めることになった千葉だが、高橋GMはその人選について、3つのポイント「もう一度しっかり昇格に向けて(引っ張れる)パーソナリティがあるか」「選手に対する言葉の影響力」「監督自身が最後までチームを信じて昇格に向けて強い意志」が重要とし、「総合的に判断して長谷部茂利さんにお願いすることになりました」と明かした。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月28日(木)18時30分

theWORLD(ザ・ワールド)