ここから本文です

ヴェンゲルがグアルディオラ化でアーセナルのマスチェラーノ誕生!? CBにボランチ選手を起用か

theWORLD(ザ・ワールド) 7月28日(木)18時50分配信

メルテザッカー離脱の緊急事態に

先日DFペア・メルテザッカーが膝を負傷したと発表したアーセナルは、センターバックが人員不足となっている。元よりローラン・コシェルニーの相棒を獲得する必要があると言われていたが、メルテザッカーの離脱でさらに手薄になった印象だ。

指揮官のアーセン・ヴェンゲルもセンターバック獲得への動きを強めるようだが、ここにきて別のオプションも出てきたという。英『METRO』によると、それはボランチを務めるフランシス・コクランのセンターバック起用だ。

コクランは中盤での守備力が評価されており、センターバックでプレイすることも不可能ではないだろう。同メディアによればコクラン起用は緊急時とのことで、今のところアンケート調査では51%の人がコクランのセンターバック起用にNoと答えている。

中盤の選手をセンターバックにコンバートするやり方はマンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラが好んで使用しているもので、マンCでもすでにトライし始めている。ヴェンゲルもタイプこそ違えどグアルディオラと同じくパスサッカーを軸にした攻撃的なスタイルを好んでおり、中盤の選手をセンターバックにするのも悪い手ではないのかもしれない。

コクランも守備力、スピードは申し分ないが、アーセナルのマスチェラーノのような存在となるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月28日(木)19時18分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合