ここから本文です

オリンピック開幕前に新ホットライン開通!? MF中島「興梠選手とはすごくやりやすかった」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月28日(木)21時30分配信

興梠の先制弾をアシスト

オリンピックに向けてブラジルでトレーニングに励んでいるU-23日本代表が27日、ブラジル4部リーグに所属するセルジッペと対戦した。

試合はキックオフの笛から1分、オーバーエイジ選手としてU-23日本代表チームに合流したFW興梠慎三がMF中島翔哉のパスに反応して先制ゴールを奪う。しかし追加点が奪えないまま時間が進むと、前半終了間際にはセルジッペに得点を許し、1-1で前半を終える。また、後半からメンバーを大幅に入れ替えた日本は最後までゴールを決められず、試合は引き分けに終わった。

しかし試合後、興梠の先制点をアシストした中島は「興梠選手とはすごくやりやすかった。あと1試合あるので、より連係をしっかりとりたいと思います」と興梠とのコンビの手応えを語っている。日本サッカー協会公式サイトが伝えた。

U-23日本代表は今後、30日にU-23ブラジル代表と親善試合を行い、8月4日にオリンピックの初戦を迎える。中島は最後のテストマッチでも興梠との連携を深め、オリンピックでも興梠との“ホットライン”からゴールを奪うことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月28日(木)21時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報