ここから本文です

出場できるのはMSNが怪我した時か休む時のみ バルサ、MSNのバックアッパー探しが難攻

theWORLD(ザ・ワールド) 7月28日(木)21時40分配信

前線の補強は進まず

バルセロナが前線の補強に苦しんでいる。ここまで最終ラインにはサミュエル・ウンティティ、リュカ・ディーニュを補強し、中盤にはアンドレ・ゴメスを獲得。しかし前線は補強が思うように進まない。

バルサが求めているのは、リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールで構成されるMSNのバックアッパーだ。今のところ彼らの代わりを務められる選手がいない状況で、怪我などがあればチーム力は大きく落ちてしまう。

スペイン『as』も前線の補強がなかなか進んでいないことを嘆いており、MSNの誰かが怪我をするか休ませる時しか出場機会が与えられない4番手のポジションを引き受けてくれる選手が見つからないと伝えている。

バルサはスペイン代表FWノリートの獲得に近づいているとも言われたが、ノリートはジョゼップ・グアルディオラの下でプレイするためにマンチェスター・シティ行きを選択。その他にもウスマン・デンベレはドルトムントに、ハテム・ベン・アルファはPSGにと空振りが続いている。

MSNの代わりとなる選手にも得点力が欲しいところだが、バックアッパーのままシーズンを終えてもいいと考えている選手などほとんどいない。かといって若手選手では攻撃力が落ちてしまい、それはルイス・エンリケが望んでいるものではない。

昨季はメッシが膝を負傷して2ヶ月ほど離脱した期間があったが、今季も同じようなことが起こる可能性もある。バルサはMSNのバックアッパーでも受け入れてくれる都合のいい選手を確保できるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月28日(木)21時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。