ここから本文です

選管委員長が退職願を提出 相模原市南区

カナロコ by 神奈川新聞 7月28日(木)6時35分配信

 相模原市南区選挙管理委員会は27日、川上一行委員長から31日付で退職願が提出されたと発表した。

 南区選挙区では昨年4月の市議選開票作業で、当初は無効と判定された票が有効票となったほか、事務局による白票数の改ざんが発覚している。

 川上氏は、当落逆転となった選挙結果が今年6月の最高裁判断で確定し、新たな当選人に当選証書を付与したこと、選挙事務見直しを進めた参院選が終了したことを挙げ、「この機会に委員長と委員の職を辞する決意をした」とコメントした。川上氏は、2014年5月に委員就任と同時に委員長になり、任期は18年5月まであった。

 同区選管事務局によれば、委員長の退職は委員会の承認が必要で、委員会は31日までに開催される。

最終更新:7月28日(木)6時35分

カナロコ by 神奈川新聞