ここから本文です

「三浦ビーチ西瓜」出荷ピーク

カナロコ by 神奈川新聞 7月28日(木)12時8分配信

 神奈川県三浦市・松輪地区の農家でつくる「ビーチ西瓜出荷組合」が生産する大玉スイカの出荷がピークを迎えている。組合では夏のシーズン中に大玉約3万6千箱、小玉約5600箱の「三浦ビーチ西瓜」出荷を見込んでいる。

 「草間農園」(同市南下浦町松輪)では、天候の良い日は一日約600個収穫。収穫後は作業所で洗浄機にかけ、日焼け防止のために表面にまいた石灰を取り除く。

 市農協によると、今年は6月に雨が少なく栽培が順調だったため、全体的に昨年より糖度が高いという。

最終更新:7月28日(木)12時8分

カナロコ by 神奈川新聞