ここから本文です

絵本を読む楽しさ、大阪・梅田の百貨店が提案

Lmaga.jp 7/28(木) 7:00配信

1,000種類の絵本を楽しめる『親子であそぶえほんの世界 阪急絵本パーク2016』が、「阪急うめだ本店」(大阪市北区)で7月27日からスタート。絵本選びを楽しむとともに読み聞かせする親子が続出した。

会場は、読み聞かせしやすいよう空間に

今回のイベントは同店で初の試みとして開催され、「今回はちょうど時期も夏休みとあって、親子で楽しめるもの、また子どもを育てていく上で必要な絵本がテーマになりました」とイベント担当者。デジタルが普及した時代だからこそ、アナログなコミュニケーションツールとして、改めて絵本の魅力を提案した内容になっている。

海・森・空をキーワードに、大阪を拠点に活躍するクリエイティブ集団「graf」が空間設計を担当し、会場には読み聞かせしやすいようにテーブルやイスを点在。そして、注目したいのは、今回の選者。絵本好きであれば知る人ぞ知る、子どもの本専門店「きんだあらんど」(京都市左京区)の蓮岡修さんだ。言葉、絵、そして、絵本が持つメッセージなど、子どものことを考えて1冊ずつ丁寧に選ぶセレクトに定評があり、今回も有名なものから、知られざる名作までが勢揃いしている。

今回のイベントには「梅花女子大学」の心理こども学部こども学科も参加し、学生たちが描いた世界に1冊しかない本の展示やオリジナル豆本の販売も。ほかにも毎日、読み聞かせやワークショップを開催し、夜17時以降は大人のための絵本イベントも行われる。

最終更新:7/28(木) 7:00

Lmaga.jp