ここから本文です

「マクラーレン・ホンダに追い越されてしまった」。トロロッソが憂慮

オートスポーツweb 7月28日(木)7時59分配信

 トロロッソのカルロス・サインツJr.は、いまやマクラーレン・ホンダの方が自分たちより速いとして、ドイツGPに持ち込むアップグレードによってマクラーレンを超えるパフォーマンスを発揮したいと語った。

同じスペイン出身で仲がいいフェルナンド・アロンソとカルロス・サインツJr.

 
 11戦終了時点でコンストラクターズ選手権ではトロロッソが45ポイントで7位、マクラーレン・ホンダが38ポイントで8位となっている。しかしハンガリーGP決勝ではサインツはフェルナンド・アロンソの前のグリッドからスタートしながら、一度抜かれた後はポジションを取り戻すことができず、アロンソのひとつ下の8位でフィニッシュすることになった。 
 
「フェルナンドにスタートで抜かれ、その後、抜き返すことができなかった」とサインツが語ったとF1iが伝えた。
 
「彼は僕らより0.2秒か0.3秒速かったと思う。3秒以内に近づくことができなかった。彼は僕らとの差をコントロールしていたんだ」 
 
「マクラーレンに追い越されてしまったのは間違いない。まだレースはたくさん残っているし、彼らの開発ペースを考えると、少し心配だ」
 
「なんとか補っていきたい。できるだけ速く走り、彼らを引きずり降ろせるかどうかみてみるよ」
 
 サインツはドイツGPにSTR11のアップグレードが導入されると明かし、それによるパフォーマンス改善に期待をかけている。
「ドイツでは一歩前進できると期待している。パフォーマンスが向上するはずだ」とサインツ。
「ホッケンハイムをF1マシンで走るのはこれが初めてだから楽しみだよ。シミュレーターにたっぷり乗って準備してきた。だから予想はついている」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月28日(木)11時50分

オートスポーツweb