ここから本文です

BTCC:ユーロテック・ホンダのダニエル・ロイドがシリーズ後半戦撤退を発表

オートスポーツweb 7月28日(木)18時28分配信

 今週末にスネッタートンでのラウンドを控え、BTCCイギリス・ツーリングカー選手権のエントリーリストに動きがあった。チームダイナミクスと並んで、ホンダ系の有力チームとしてタイトル獲得経験もあるユーロテックから、ダニエル・ロイドの離脱が発表された。

 GTの経験も持つロイドは、今季の第3戦スラクストンから起用され、ジェフ・スミスとマーティン・ディーパーとの3台体制でシリーズを戦ってきており、オールトンパークとクロフトではフロントロウを獲得。チームBMRのコリン・ターキントンやジェイソン・プラトのスバル・レヴォーグ勢と優勝争いを展開するなど競争力を発揮していた。

 しかしチームが今週水曜に発表したステートメントによれば、「あらゆる面での膨大な努力の量にもかかわらず、主要スポンサーの財政的な事情により」シリーズからの徹底を余儀なくされたという。

「当然、シーズン後半戦を戦えなくなったことにがっかりしている」と、ロイド。

「僕らはシーズンスタート当初から、残りラウンドの資金調達のためあらゆるスポンサーと交渉を続けてきたが、残念ながらそれらはすべて、最後の最後で失敗に終わった」

「表彰台に乗るなど、良いリザルトを得られた3戦の後だけに、なおさら……苦い薬を飲んだ時のような気分だ」

 ユーロテック・チームのステートメントにも「全員ががっかりしている。彼との仕事が継続できるよう、誰もが舞台裏で努力を続けていた。ダニエルはシームレスにチームと融合し、マシンの中で大きなポテンシャルと優れた可能性を示し続けることを本当に楽しみにしていた。今後も、ダニエルと協力して将来的にドライブできるよう、可能性を追求していく」と、記されている。

 また、先の火曜にはトヨタ・アヴェンシスを走らせるTLCレーシング/チーム・ハードが、元英国GT王者のマイケル・ケインの復帰とクリス・スマイリーの離脱を発表している。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月28日(木)18時28分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]