ここから本文です

野村周平&飯豊まりえのツーショットに嫉妬の声「近すぎやしませんか~?」

クランクイン! 7月28日(木)7時30分配信

 フジテレビ系ドラマ『好きな人がいること』の公式ツイッターアカウントにて26日、ドラマに出演している野村周平と飯豊まりえのツーショット画像が公開となった。ドラマの設定を彷彿とさせる仲睦まじい姿に、絶賛の声とともに飯豊を羨ましがる声が寄せられている。

【関連】「野村周平」フォトギャラリー


 この日のツイートでは、野村と野村の腕をとる飯豊の姿を撮影した画像とともに、25日放送分の回想としてコメント欄に「冬真と風花が付き合ってることがサラリと判明した昨日。ドラマと違ってこちらは野村君よりまりえちゃんの方が上手感を演出です」と紹介。

 この画像には「お似合いだなぁー」「2人ともモデル、俳優の中で一番大好きなので、共演とか…嬉しすぎます」「まりえちゃん脚なっが!美脚すぎやん」「野村くん髪の毛さらさらですな~」と二人の姿を絶賛するとともに「あ、うらやましい!」「野村くんがちゅーしてるところに妬きました。もうちゅーはやめてください」「ふうか わたしの周平に近すぎやしませんか~~?」と飯豊を羨ましがる声が多く寄せられている。

最終更新:7月28日(木)7時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。