ここから本文です

中居正広、『ラブライブ!』飯田里穂の恋愛事情に興味津々「ガンガンしていいの?」

クランクイン! 7月28日(木)10時44分配信

 声優ユニットμ’sの活動や人気作品『ラブライブ!』で星空凛役を務める声優の飯田里穂が、27日に日本テレビのバラエティ番組『ナカイの窓』に出演。声優の恋愛事情や、μ'sの活動での苦労話などを明かしていた。

【関連】『ラブライブ!』フォトギャラリー


 μ’sのメンバーとして昨年は『第66回NHK紅白歌合戦』にも出演した飯田。その恋愛事情を尋ねられると飯田は「決まりはないです。アイドルではないですから」と返答。するとMCの中居正広から「じゃあ、ガンガンしていいの?」と食いつかれ「いや、ガンガンってわけじゃないけど…」と苦笑い。

 また、声優の苦労話として飯田はμ'sのライブ活動を挙げ、1ステージで5時間くらいのライブが行われている苦労を告白。一方でステージでは役柄の星空凛になりきり、一切素を出さないことを明かしながら、ライブでの観客との掛け合いを実演。中居に対して「私が呼びかけたら、『イエローだよ』って、”汚い声”で返してくれますか?」と話しかけると、中居は思わず「これ、俺じゃねえんじゃねえか?」と思わず漏らし、笑いを誘っていた。

 またこの日は、同じく声優の小山力也、山寺宏一も出演。近年では海外ドラマ『24 -TWENTY FOUR-』で主人公ジャック・バウアー役を務めたことで注目を集めている小山だが、近年はゲームのセリフ収録を行うことも。声優の仕事としてはギャラの面での条件が一番良い方であることを明かしながらも「一万ワードとかあって、ひたすら収録ばかりやってます。『やられ役』とか、弱、中、最も強いとか、何十パターンもあったり」と、その苦労の一端を吐露する。

 一方、山寺は声優の仕事以外として脚本家・三谷幸喜に見初められ、三谷作品に出演。山寺の声帯模写術が高く評価されるあまり効果音の変わりを行う羽目に。「一切どこに出ているかがわからないので、クレジットには役名として『様々な声』って書かれました」と、三谷作品でのエピソードを明かしていた。

最終更新:7月28日(木)10時44分

クランクイン!