ここから本文です

ジェームズ・マカヴォイが多重人格者、シャマラン新作スリラー『Split』予告解禁

クランクイン! 7月28日(木)13時30分配信

 大ヒット映画『シックス・センス』(99)や『サイン』(02)のM・ナイト・シャマランが2015年の『ヴィジット』に続き、監督・脚本・製作を担った最新スリラー『Split(原題)』の予告編が解禁となった。

【関連】「ジェームズ・マカヴォイ」フォトギャラリー


 2017年1月20日より全米公開予定の『Split(原題)』。あらすじが明かされていなかったが、予告編ではジェームズ・マカヴォイ演じるスキンヘッドの男が、少女3人を誘拐する場面から始まる。少女達を監禁した男は言う。「理由があって君達を迎えに行った」。だが次に男は女装して少女達の前に現れ「心配しないで。彼はあなた達に手出しできないから。彼もあなた達がここにいる理由を理解している。私の言うことなら聞くわ」と、様子が一変している。そして次に現れた人格は、9歳のヘドウィグという少年…。

 かつて24の人格を持つビリー・ミリガンというアメリカの連続レイプ犯のニュースが話題になり、日本でもノンフィクション本『24人のビリー・ミリガン』が刊行されたが、『Split(原題)』の主人公ケヴィンは23の人格を持つ解離性同一性障害者だという。彼が「ビースト(獣)」と呼ぶ者は“本物だ”というが、少女達の運命は?

 23の人格を演じ分けるジェームズの怪演に期待が膨らむ『Split(原題)』。2015年のサンダンス映画祭で話題をさらったホラー映画『The Witch(原題)』の女優アニャ・テイラー=ジョイが、生き残りを懸けてケヴィンの中の様々な人物に立ち向かう少女ケイシーを演じている。

最終更新:7月28日(木)13時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。