ここから本文です

ゴジラと融合したエヴァ初号機! 衝撃すぎるフィギュア発売決定

クランクイン! 7/28(木) 14:00配信

 アニメ「エヴァンゲリオン」の“初号機”がキングオブモンスター“ゴジラ”と融合したイメージをフィギュア化した『ゴジラ対エヴァンゲリオン 東宝30cmシリーズ エヴァンゲリオン初号機“G”覚醒形態』の発売が明らかになった。

【関連】ゴジラと融合したエヴァ初号機<フォトギャラリー>


 この商品化は『エヴァンゲリオン』の生みの親・庵野秀明が、ゴジラシリーズ最新作「シン・ゴジラ」(2016年7月29日公開)の総監督を務めることから始動したコラボレーション企画「ゴジラ対エヴァンゲリオン」の一環として行われた。

 「もしエヴァンゲリオン初号機に“G細胞(ゴジラの細胞。侵食性が高く、他の生物に組み込むと、その生物の組織を変質させてしまう)”を投入したら?」というオリジナル設定に基づいて立体化された。

 初号機のフォルムを基本としながらも、全身を覆う岩のような皮膚や、背中から生えた大きな背びれ、本体から伸びる長い尻尾等、随所にゴジラの要素が融合した姿が披露されている。カラーリングは、初号機のテーマカラーである紫と緑の配色を再現。口を大きく開き、鳴き声を轟かせながら相手を威嚇するようなポーズで立体化されている。

 『ゴジラ対エヴァンゲリオン 東宝30cmシリーズ エヴァンゲリオン初号機“G”覚醒形態』の価格は3万2400円(税込)。予約期間は2016年7月28日(木)16時から、準備数に達し次第終了。商品のお届けは2017年1月予定。

最終更新:7/28(木) 14:00

クランクイン!

なぜ今? 首相主導の働き方改革