ここから本文です

全盛期に引けをとらない貢献度 イチローが取り戻した“攻撃力”

ベースボールキング 7/28(木) 19:00配信

「RC27」という指標に注目

 早ければ今週中にもメジャー通算3000安打に手が届く、マーリンズのイチロー。昨シーズンは自己ワーストの打率.229に終わったが、今季はここまで.332と全盛期を彷彿とさせる数字を残している。

 しかし、ここ数週間はメジャー屈指の若手外野手トリオが好調を維持していることもあり、イチローの先発機会は限定されている。契約面での制約や4人の長打力の違いなどが要因とみられるが、イチローの“攻撃力”はライバル3人と比べて劣っているのだろうか……。

 選手の攻撃力を測る成績(指標)には、古くから打率、本塁打、打点があるが、最近はOPS(出塁率+長打率)なども目にする機会が増えた。しかし、OPSには攻撃面には欠かせない走塁面の要素が含まれていないなど、欠点もある。


 そこで紹介したいのが、「RC27」という指標だ。

 「RC27」とは、「Runs Created per 27」の略。1番から9番まで同じ打者で打線を組んだ場合、27アウトが記録されるまで(=9イニング当たり)にどれだけ得点が生まれるかを算出できる。

 これには犠打、犠飛といった進塁能力や、盗塁なども加味されており、より正確に選手の得点能力を測ることができる。日本でもセイバーメトリクスに興味があればご存じのファンも多いだろう。

全盛期に劣らない活躍を見せるイチロー

 今季のイチローは、現時点で6.47という数値をマークしている。これは「イチローだけで打線を組んだ場合、1試合に6点以上もの得点を奪える」ということを示している。

 これがどれだけ優れているかというと、過去のイチローの数字と比べればよくわかる。MVPと新人王に輝いたメジャー1年目の2001年が6.98、シーズン歴代最多安打を記録した2004年が7.71、低調だった昨シーズンは2.63だった。今季のイチローは、まさに全盛期に匹敵する得点能力を見せているのだ。

 マーリンズ外野手トリオのそれと比べても、今季のイチローの得点能力がいかに高いかがわかる。

【マーリンズ外野手の「RC27」】
7.23 クリスチャン・イエリッチ
6.47 イチロー
6.21 マルセル・オズーナ
5.77 ジャンカルロ・スタントン

 よりなじみ深い打率や安打数、盗塁数などはよく取り上げられるが、「RC27」で見ると、「イチローを先発で起用しないのはもったいない」という意見があながち間違っていないことがわかる。

 衰え知らずの活躍を見せるイチローから目が離せない。


文=八木遊(やぎ・ゆう)

BASEBALL KING

最終更新:7/28(木) 19:06

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]