ここから本文です

中日、今季最多15得点で連敗を5で止める 復帰即先発の高橋が2安打4打点!

ベースボールキング 7月28日(木)21時10分配信

○ 中日 15 - 2 DeNA ●
<17回戦・ナゴヤドーム>

 打線を組み替えた中日打線が今季最最多の15得点をマーク。この日一軍再登録されたばかりの高橋周平が「6番・三塁」で即スタメン起用され、2安打4打点と打線の起爆剤になった。

 高橋は4月下旬に右手有鈎(ゆうこう)骨を骨折し長期離脱。一軍出場は4月30日の広島戦以来となったが、初回に2点を先制しなおも二死二塁の復帰初打席で、DeNA先発の熊原からいきなり左前適時打を放った。

 8-0で迎えた4回は一死満塁の好機で第3打席に入ると、DeNAの2番手・久保裕から走者一掃となる3点三塁打をマーク。復帰初戦から2安打4打点と結果を残し、5連敗中だった本拠地ファンを沸かせた。

 中日は2番に入った工藤、今季2度目の3番に入ったエルナンデスも活躍。工藤は初回に先制適時三塁打を放つと、2回はエンドランで好機を広げる左前打をマーク。エルナンデスは5号2ランを含む3安打4打点の活躍で首脳陣の抜擢に応えた。

 打線の援護に恵まれた先発のバルデスは、7回を2失点にまとめ5勝目(3敗)。チームは7月に入って苦しんだが、助っ人左腕は月間3勝1敗と奮投した。

BASEBALL KING

最終更新:7月28日(木)21時28分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]