ここから本文です

ヒョウタンすくすく

紀伊民報 7月28日(木)16時45分配信

 和歌山県田辺市東山2丁目の新聞配達員、上地昇さん(68)が育てているヒョウタンが順調に生育。近く置物に加工し、福祉施設などに贈るという。

 知人から畑(田辺市神子浜2丁目)を借り、6年前から野菜と一緒に栽培している。

 「ヒョウタンは例年よりかなり遅く、6月初旬に種をまいた」と上地さん。今年は長さ20~30センチのヒョウタンが34個実った。

 上地さんによると、ヒョウタンは連作障害を起こす。「毎年場所を変えて育てているが、1、2年の間隔で同じ場所になる。3年ほど空けることができれば、もっと良くなるかも」と話す。

最終更新:7月28日(木)16時45分

紀伊民報