ここから本文です

ダンス世界大会、日本初開催

紀伊民報 7月28日(木)16時46分配信

 日本初のストリートダンス(ロッキング)の世界大会「FUNKIXX(ファンキックス)」が8月6、7の両日、和歌山市梅原の「ノーリツアリーナ和歌山」で開かれる。世界トップ級のダンサーら約400人が出場する。関係者は、和歌山からダンスを盛り上げようと、多くの来場を呼び掛けている。

 ストリートダンスの一つで、スピード感のある動きから突然静止してポーズを取る「ロッキング」の大会。

 「世界のトップダンサーが交流する機会を和歌山につくりたい」と、和歌山市在住で県文化奨励賞受賞者のNOBBYさん(30)=本名・東宣尚さん=ら、日本を代表する関西在住のダンサー6人が実行委員会をつくり、準備を進めてきた。6月下旬に出演者を募ったところ、開始2時間で定員の400人に達した。日本のほか、韓国、中国、台湾、シンガポールなどからも申し込みがあった。

 大会では、初日の予選で約400人から4人を選出。国内や海外から招いた世界トップ級のダンサー12人を加えた16人が、2日目の本選「ダンスバトル」に出場し、トーナメントで優勝者を決める。

 入場料は6千円(2日間・税込み)。ライブやワークショップもある。問い合わせは実行委員会事務局(073・460・0036)へ。

最終更新:7月28日(木)16時46分

紀伊民報