ここから本文です

ICT建機の販売拡充 コマツ、粟津で生産の小型ショベル

北國新聞社 7月28日(木)2時32分配信

 コマツは、小松市の粟津工場で生産する小型のICT油圧ショベル「PC128USi-10」の国内販売を始めた。全地球測位システム(GPS)の位置情報や施工設計データを基に、自動的に掘削できるICT建機で、これまでレンタルで展開していたが、販売での普及を図る。

 ICT建機は今年4月から国内販売を始めており、中型油圧ショベルに続き、購入可能商品を拡充した。小規模道路工事や管工事、小規模造成などで活用できる。小型無人機(ドローン)による測量などで省力化する施工サービス「スマートコンストラクション」とセットで売り込んで、人手不足に苦しむ土木工事現場の作業効率化を後押しする。

 粟津工場は今年度、ICT建機の生産台数を前期の約500台から750台に増やす計画を打ち出している。

北國新聞社

最終更新:7月28日(木)2時32分

北國新聞社