ここから本文です

星稜2年ぶり甲子園 航空石川に7対5

北國新聞社 7/28(木) 2:37配信

 雨で順延された第98回全国高校野球選手権石川大会の最終日は27日、金沢市の石川県立野球場で決勝が行われ、第1シードの星稜がノーシードの航空石川に7―5で競り勝ち、2年ぶり18度目の夏の甲子園出場を決めた。

 八回表に5―5の同点とされた星稜はその裏、1死から木倉が左翼線二塁打、若宮中前打、清水四球の満塁と攻め、2死後、川岸が右中間に決勝の2点二塁打を放った。

 春の選抜大会を含め、星稜の甲子園出場は29度目となる。

 全国高校野球選手権は8月4日に組み合わせが決まり、7日に開幕する。

北國新聞社

最終更新:7/28(木) 2:37

北國新聞社