ここから本文です

ヒョウタンたわわ 白山

北國新聞社 7月28日(木)2時37分配信

 27日の石川県内は曇りとなり、気圧の谷や高気圧の影響で気温が上昇し、最高気温は小松32・4度、金沢32・1度、輪島31・6度など全11観測地点のうち7地点で真夏日を記録した。

 白山市宮永町の畑ではヒョウタンがたわわに実を付けている。松任愛瓢(あいひょう)会の赤澤與章(ともあきら)会長(76)によると、丹精したヒョウタンは大きくて長さ60センチほどに成長しているが、今年は例年に比べて実が小さめという。8月中旬に収穫を予定し、果肉を抜いて乾燥させ、装飾などを施し観賞用に仕上げる。

北國新聞社

最終更新:7月28日(木)2時37分

北國新聞社