ここから本文です

「夢ではあるけど」…オーバメヤン、“移籍先はレアルだけ”発言を否定

SOCCER KING 7月28日(木)8時10分配信

 日本代表MF香川真司のドルトムントに所属するガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが、先日報道された自身の発言内容を否定した。同選手は27日に自身のツイッターを更新。英語での文章が書かれた画像を掲載している。

 オーバメヤンは25日、ドイツメディア『第2ドイツテレビ』での発言内容をイギリス紙『デイリーメール』など複数メディアに報じられた。報道によれば、同選手は「僕がドルトムントを退団するのは、レアル・マドリードへ移籍する時だけだ。彼らから声がかからない限り、僕はここを去らないよ」とコメント。2年前に亡くなった祖父と“レアル・マドリードへの移籍を実現させる”と約束したことを明かしつつ、自身の意向を述べている。

 しかしオーバメヤンはツイッターにて「“ドルトムントを去るのは、レアル・マドリードに行く時だけ”などとは言っていない。誰が言葉を変えて伝えたのかはわからないけど、そういうことを望んで行う人がいて悲しいよ」と、発言内容を否定。以下のように続けている。

「僕はドルトムントの選手だ。そして、それ(レアル・マドリード移籍)が子どもの頃からの夢であることは、どのインタビューでも正直に言ってきた。でも、それだけだよ」

SOCCER KING

最終更新:7月28日(木)8時10分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。