ここから本文です

ローマ、守護神シュチェスニーが“再加入”へ…レンタル移籍2年目突入

SOCCER KING 7月28日(木)16時38分配信

 アーセナルからローマへレンタル移籍で加入していたポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーについて、両クラブのレンタル移籍期間延長合意が迫っているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が27日に報じている。

 シュチェスニーは昨年夏にアーセナルからローマへレンタル移籍で加入。2015-16シーズンのセリエAで全38試合中34試合に出場し、正守護神として活躍した。移籍期間は6月30日で満了を迎え、去就に注目が集まっている。

 報道によると、2年目となるレンタル移籍には完全移籍へ移行する買い取りオプションが付いている模様。移籍金は1340万ポンド(約18億5000万円)と伝えられている。シュチェスニーは近日中に契約にサインすると報じられた。

 シュチェスニーは当初、アーセナルに復帰するか、もしくは他クラブへ移籍する可能性が高いと見られていた。ローマは新守護神候補としてブラジル代表GKアリソン・ベッカーを獲得したが、シュチェスニーとのレンタル移籍期間延長が決まる見通しとなったことで、GKのポジション争いが激化することになりそうだ。

SOCCER KING

最終更新:7月28日(木)16時38分

SOCCER KING