ここから本文です

“BBC”不在のレアル、新布陣で3失点…エメリ新監督のパリSGが快勝

SOCCER KING 7月28日(木)14時42分配信

 インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)2016のアメリカ・ヨーロッパラウンドが27日に行われ、レアル・マドリードとパリ・サンジェルマンが対戦した。

 今大会の初戦に臨むレアル・マドリードは、ウェールズ代表MFギャレス・ベイルとフランス人FWカリム・ベンゼマ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの“BBC”が不在。先発メンバーにはフランス代表DFラファエル・ヴァランやブラジル代表DFマルセロ、スペイン人MFイスコ、同FWヘセ・ロドリゲス、そしてユヴェントスから復帰したスペイン代表FWアルバロ・モラタらが名を連ねた。従来の[4-3-3]ではなく[4-4-2]を採用した。

 対するパリ・サンジェルマンはウナイ・エメリ監督が就任し、新体制で新シーズンに臨む。レアル・マドリードとの一戦ではブラジル代表DFチアゴ・シウヴァや同MFルーカス・モウラ、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニらが先発出場した。

 スコアは開始早々に動いた。2分、パリ・サンジェルマンのナニタモ・イコネが敵陣左サイドでパスを受けると、鋭い反転からドリブルを開始。カットインしながらペナルティーエリアに入り、最後は右足シュートを冷静に決めた。実に5人ものDFのマークを振り切って決まったドリブルシュートで、パリ・サンジェルマンが均衡を破った。

 さらに35分、パリ・サンジェルマンはトーマス・ムニエが敵陣ペナルティーエリア手前で相手の縦パスをカットし、左足を一閃。強烈なミドルシュートで2点目を記録した。そして40分には、ムニエがワンツーで右サイドを突破。最終ラインの背後を取ってペナルティーエリア内に入ると、中央へのクロスが相手DFに当たったこぼれ球に反応して左足シュートを決めた。

 パリ・サンジェルマンが40分間で3ゴールを挙げ、試合を優位に進める。苦しい展開となったレアル・マドリードは43分、左サイド深くでパスを受けたイスコがクロスを上げると、相手DFのハンドを誘ってPKを獲得。マルセロがゴール右隅へ決め、1点を返した。

 1-3で迎えた後半開始時から、レアル・マドリードは全11選手を入れ替えた。マルティン・ウーデゴーアやエンツォ・ジダンなど、非常に若い選手たちがメンバーを構成して反撃を期したが、ゴールを奪うことはできず。パリ・サンジェルマンが2点差を守り切って勝利を収めた。

 3失点を喫して敗れたレアル・マドリードは次戦、30日にチェルシーと対戦。パリ・サンジェルマンは同日、日本代表FW岡崎慎司のレスターと対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 1-3 パリ・サンジェルマン

【得点者】
0-1 2分 ナニタモ・イコネ(パリ・サンジェルマン)
0-2 35分 トーマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン)
0-3 40分 トーマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン)
1-3 44分 マルセロ(レアル・マドリード)

SOCCER KING

最終更新:7月28日(木)14時42分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]