ここから本文です

ポグバに次ぐ“プランB”…レアル、約41億円で仏代表シソコ獲得へ本腰か

SOCCER KING 7月28日(木)16時45分配信

 レアル・マドリードが、ニューカッスルに所属するフランス代表MFムサ・シソコの獲得に本腰を入れるようだ。スペイン紙『アス』が27日に報じている。

 レアル・マドリードは今夏の移籍市場で、ユヴェントスに所属するフランス代表MFポール・ポグバへの関心を報じられているが、同選手はマンチェスター・U移籍が有力視されている。『アス』は、1億1000万ユーロ(約127億7000万円)にも達するというポグバの移籍金を支払うことはレアル・マドリードには困難だと前置きしたうえで、“プランB”としてシソコの獲得に動くと報じている。

 報道によると、ニューカッスルのラファエル・ベニテス監督はシソコが退団を望んでいるということを把握している模様。同クラブが新シーズン、チャンピオンシップ(イングランド2部)で戦うことが退団希望の一因となっているようだ。

 シソコの移籍金は3500万ユーロ(約40億6000万円)程度と見られており、ニューカッスルにとっては「良い取引だ」と『アス』は伝えている。同選手にはレアル・マドリードのほか、ユヴェントスやドルトムント、エヴァートンからの関心も伝えられており、争奪戦が繰り広げられる可能性もあるようだ。

 現在26歳のシソコは2013年からニューカッスルに所属し、2015-16シーズンはプレミアリーグ全38試合中37試合に出場して1ゴールを記録している。ユーロ2016ではフランス代表の一員として全7試合中6試合に出場した。

SOCCER KING

最終更新:7月28日(木)16時45分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報