ここから本文です

バルサ、ニューカッスルの23歳FW獲得に再挑戦か…2年前にもオファー

SOCCER KING 7月28日(木)18時4分配信

 バルセロナが、ニューカッスルに所属するスペイン人FWアジョセ・ペレスを獲得候補にあげていることがわかった。27日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ブラジル代表FWネイマール、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの“MSN”に続く“第4のFW”獲得を目指しているバルセロナ。アトレティコ・マドリードに所属するリオ五輪アルゼンチン代表FWルシアーノ・ビエットの加入が迫っていたが、同選手は日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャへレンタル移籍する見通し。そこで、バルセロナは他の候補を探すこととなり、A・ペレス獲得に乗り出したようだ。

 同紙によると、バルセロナは2014年にもA・ペレスにオファーをしていた模様。しかしながら、同選手は当時所属していたテネリフェから、移籍金200万ユーロ(約2億3000万円)でニューカッスルを新天地に選んだ。今回は、移籍金1800万ユーロ(約20億9000万円)のオファーを提示する予定だという。

 現在23歳のA・ペレスは2014年夏にニューカッスルに加入。直近の2シーズンでプレミアリーグ70試合に出場し、13ゴールをマークしている。

SOCCER KING

最終更新:7月28日(木)18時4分

SOCCER KING