ここから本文です

バルサの“6番”、継承者は誰?…スペイン紙が新背番号を予想

SOCCER KING 7月28日(木)19時21分配信

 25日にイギリス合宿を開始し、トレーニングを行っているバルセロナ。バカンスを切り上げたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシもチームに早期合流し、新シーズンに向けた準備を進めている。

 新たなシーズンに向けた関心事の1つが、新加入選手の背番号だろう。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』は27日、バルセロナの新背番号を予想した記事を掲載した。

 バルセロナは今夏の移籍市場で、スペイン代表MFデニス・スアレス(ビジャレアル)、フランス代表DFリュカ・ディニュ(パリ・サンジェルマン)、同国代表DFサミュエル・ウムティティ(リヨン)、ポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(バレンシア)の4選手を獲得。今後もさらなる補強に動く可能性が高いと見られているが、『ムンド・デポルティーボ』が現時点での背番号予想を伝えた。

 現在の“空き番号”は「1」から「25」の中で5つある。最大の注目は、ユヴェントスへ移籍したブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスの「6」を誰が受け継ぐかということ。同紙は、2001年から2015年まで「6」を背負った元スペイン代表MFシャビを手本にしていたというD・スアレスを候補に挙げている。

 また、現在は「12」をつけているブラジル代表MFラフィーニャが「6」に変更する可能性も伝えている。同選手にとって「6」は大切な番号であるとのこと。父である元ブラジル代表MFマジーニョ氏が現役時代に背負い、兄のスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラもバイエルンで「6」をつけている。

 D・スアレス以外の新加入選手は、すんなりと新背番号が決まりそうな情勢だ。A・ゴメスはバレンシア時代につけていた「15」、ディニュはパリ・サンジェルマンで背負っていた「21」がそれぞれ空いていることから、新天地でも同じ番号を選択するのではないかと伝えられている。

 残るはウムティティだが、フランス代表で背負った「22」、リヨンでの「23」ともに埋まっているため、「16」か「19」をつけるのではないかと見られている。

 移籍市場の閉幕まで1カ月余り。新シーズンの陣容が固まるのはまだ先だが、新背番号を予想することもプレシーズン期間の楽しみの1つと言えそうだ。

SOCCER KING

最終更新:7月28日(木)19時21分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。